スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
『止まってください!』
2013 / 04 / 14 ( Sun )
夕方、息子の習い事の教室へ行くため、2人でいつも利用しているバスに乗っていた時のこと。


息子も私も、今日一日の疲れを感じつつ、座ってバスに揺られていました。


やがて、降りる予定の停留所を知らせるアナウンスが聞こえると、降車ボタンを押しました……が、


な~んか嫌な予感……。


バスは停留所に近づいてきても減速する気配もなく走り続け、


停留所の前を軽快に走り抜けて行きました。。。(実話)


(えぇぇぇっ? ちょ、ちょっとぉぉぉ!)


と、内心思い、慌てて、


『止まってください!』


と叫んでしまいました。


乗客たちの注目を一身に浴びる私。。。


『ああああっ、ス、スミマセン』


運転手が慌ててブレーキを踏み、停留所から15メートルほどの所でバスは止まりました。


『申し訳ありません』


と、運転手がミラー越しに頭を下げているのが見えました。乗客たちの注目をずっと浴びていたこともあり、遅刻する訳にもいかないと思い、黙って降車しました。


うーん、私はあんな経験は初めてでした。ただ、ちょっと気になって家に帰ってからネットで調べてみたら、同じ経験をされた方がブログなどで書いているのをいくつか見つけました。

まれに、あるみたいですね。


まぁ運転手も人間ですし、「うっかり」は有り得るかも知れないですが、「うっかり」が続くと事故につながりかねませんから、気を付けてもらいたいものですね。



最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※ランキング参加中です。「ポチッ」とよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ
にほんブログ村
22 : 53 : 09 | 【イクメン】おでかけ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<内緒のロールケーキ | ホーム | 激混みフードコート>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://irreplaceabledays21.blog.fc2.com/tb.php/96-1d942a7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。