スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
それでも息子を信じられるか
2014 / 06 / 03 ( Tue )
先日の夜、息子とちょっと嫌なやりとりがありました。


ささいなことで息子が機嫌を損ね、その直後、足元にあったゴミ箱を蹴って倒したのです。


私はすかさず、『(機嫌を損ねたことが原因で)ゴミ箱を蹴ったのか』と息子に問いただしました。


息子は、みるみるうちに涙目になって、


『足を伸ばしたら倒してしまっただけ』


と言い、更に、


『すぐにそうやって(機嫌を損ねたからゴミ箱を蹴ったと)決めつける』


泣きながらそう訴えてきました。


以前の出来事( 息子の嘘と涙 )や、普段の言動(ちょっと上手くいかないと不機嫌になる等)のこともあり、私は前述の出来事について、息子が機嫌を損ねたことが原因でゴミ箱を蹴ったと思ったのです。


息子からすれば、「もっと自分を信じて欲しい」という気持ちがあるのでしょう。


しかし私は、「”上手く嘘をついて誤魔化そう”という気持ちがあるかも知れない」と、どこかで息子のことを思っている。


……つまるところ、私は「息子を信じ切れていない」ということなのでしょう。


それは悲しいことに違いないですが、どうしようもありません。


もっとも、嘘は誰だってつきます。


私だって嘘はつきます。生活を混乱させないため、面倒なことにならないようにするための「嘘」。


例えば自分が働いていたころを顧みれば、「嫌だなぁ」と思う誰かに対して、そういう本音を悟られないために(面倒なことにならないようにするために)笑顔で接したりしていたことも、「嘘」になるのでしょう。


そんな風に人間は、「嘘をつかなければ生きていけないいきもの」なのだと思います。


「息子を信じたい」という思いはあります。


私の、たった一人の、かけがえのない子供だから。


ただ、今後もこのようなことが「起こり得ること」だと自覚し、それでもなお、息子を信じられるか。


傷つくことを怖れずに。


……全くもって、子育ては悩みが尽きませんね。




最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※ランキング参加中です。「ポチッ」とよろしくお願いいたします

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ
にほんブログ村
09 : 01 : 49 | 【イクメン】思うこと | トラックバック(0) | コメント(12) | page top
<<『DHCリラックスの素』 | ホーム | 及第点を持続させる>>
コメント
----

この状況だと、『機嫌を損ねたことが原因』
と考えるのが妥当でしょうし、
それに、このことは息子さんを『信じていない』とはまた違うのではないかと思います。
これは起きた状況を注意しただけであって、
もっと大事な何かで息子さんを一人の人間として『信じてあげる』ものがあるはずたと
僕は考えます。
by: ウインオータム * 2014/06/03 11:01 * URL [ 編集 ] | page top
----

子育ては難しいですよね。
答えはないですし。

息子さんの言ってる事は嘘でも本当でもない気がします。
どっちでもあるというか(笑)

子供って産まれた時は純粋なはずなので、周りから色々吸収していくと思うんですよね。良くも悪くも。
今の社会、色々難しいですが、子供には人を信じる大人になって欲しいですよね。
by: baby * 2014/06/03 11:19 * URL [ 編集 ] | page top
--ウインオータム様--

状況を考えると、機嫌を損ねたのだろうと考えてしまいますね。
まぁ、本当のところは確かめようもありませんが。

何かあった時、基本的に「信じる」ようにしていますが、状況によっても変わります。
どこまで信じるのか、線引きが難しいところですね。

ありがとうございました。
by: YUKI * 2014/06/03 13:51 * URL [ 編集 ] | page top
----

こんにちは。

私事ですが「信じる」「信じない」というのは、言葉で論じるものではなく、行動で感じるものと思っています。
「信じて欲しかったらどういう行動をとるべきか、お父さんだって当然365日24時間、微塵も疑いたくなんかないんだよ」とお伝えになってはいかがでしょうか。
私は娘しか育てたことがありませんので、男の子ならではの反抗期だとしたなら見当違いの話かもしれませんが(・・;)
by: ちなつ * 2014/06/03 15:46 * URL [ 編集 ] | page top
--baby様--

ゴミ箱を蹴ったことについては、真相は分かりません。

至らない親の悪いところを吸収してしまったんでしょうかね。
いろいろ難しいです。
by: YUKI * 2014/06/03 18:37 * URL [ 編集 ] | page top
--ちなつ様--

子供を疑いたい親などいない、と思います。
私も然りです。
そしてそのことを、息子にも感じて欲しいと思います。

言葉より行動、というのはそう思います。
そのへんのこと、理解してくれるよう導いていきたいです。

ありがとうございました。
by: YUKI * 2014/06/03 18:45 * URL [ 編集 ] | page top
----

う~ん、、子育てって本当に難しいですね。
大きくなったらなったで、小さいころにはなかった悩みごとが出てくるのですね(;´・ω・)
嘘をつくことを許してもいけないし、本当のことを言っている子に「嘘だ」と責めてもいけないし。。
きっとYUKIさんの息子さんと真剣にむきあおうという姿勢は息子さんにも伝わっていると思いますよ!ブログの文章からだけでもガンガン伝わってきますから(*^^)
by: たま * 2014/06/03 21:31 * URL [ 編集 ] | page top
----

YUKIさん、こんにちは。

我が家も似たような状況がありました。
機嫌が悪い時って、行動も雑になりませんか?
そんな時に限って物にぶつかってしまったりすることもあると思います。
僕も実際にあって、我に返った経験があります…。^_^;
by: santapapa * 2014/06/03 23:28 * URL [ 編集 ] | page top
--たま様--

幼い頃も、今も、そしてこの先も、悩みは尽きないのだと思います。
子育ては本当に難しいですね。

「嘘だ」と決めつけるのは良くないこととして、ではどう線引きしていくのか。
それもまた難しいです。

息子に、果たしてどれだけのものが伝わっているか心許ないですが、私なりに向き合っていこうと思います。

ありがとうございました。
by: YUKI * 2014/06/03 23:30 * URL [ 編集 ] | page top
--santapapa様--

確かに機嫌が悪い時は、行動は雑になりがちですね。
私自身もそうです。
息子も機嫌が悪かったのは確かですし。

真実は分かりませんし、ともかく「決めつけ」は良くないかなとは思います。
そういう「決めつけてしまう時」に、はっと我に返れるよう気を付けたいです。

ありがとうございました。
by: YUKI * 2014/06/03 23:39 * URL [ 編集 ] | page top
----

なかなか難しい年頃ですね。
まだまだ色々な葛藤を越えて大人になっていく段階だから、なんでもすんなり1+1=2みたいにスムーズな答えはでないんでしょうね。
若い時って感情で動きがちだし、ぶつかっていくしか仕方ないんでしょうね。
私なんて久々に実家に帰ったけど、大人になってもやはり親とはぶつかりますもん。笑
でもそれはやはりお互いに対して愛があるからこそですよね。
わかってほしい、わかってやりたい。
とにかく、親としては最後のとりでではいてあげたいですね。
by: るる * 2014/06/04 22:14 * URL [ 編集 ] | page top
--るる様--

難しい年頃になってきたな、というのは感じます。
私の知り得ない悩みもあるのかも知れません。

なまじ息子の近くにいると、悪い部分も見えてしまい、それが気になってしまうんですよね。
私も過剰に意識してしまっているのかな、とは思います。

最後の砦であることは確かですし、それは崩したくないですね。

ありがとうございました。
by: YUKI * 2014/06/04 22:42 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://irreplaceabledays21.blog.fc2.com/tb.php/332-5eda94b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。