スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
私の『倍返し』 ~「69 sixty nine」 村上龍~
2014 / 01 / 27 ( Mon )
今さら「半沢直樹」というのも何ですが、『倍返し』という言葉が、ドラマが終わった後もずっと気になっています。


『やられたらやり返す。倍返しだ!』


録画してある「半沢直樹」を今でも時どき観直すのですが、痛快ですね。


あのドラマが支持されたのには色々な要因があるのでしょうが、その一つとして、半沢直樹に共感し、自分自身を重ねた人が多かったのだろうと思うのです。


―――今でも、働いていた頃のことを時どき思い出します。


たいていは『倍返ししたい』と思うような相手のことなのですが。


もっとも、そんなことは好んで思い出したくもないのですが、嫌な記憶って、忘れたくても忘れられないんですよね。


で、半沢直樹のように『倍返し』できたら痛快だろうな、と。


ただ、『倍返し』の方法も、色々あるんだろうと思います。


実際に「半沢直樹」のようにやり返しても、結局こちらが損をするだけでしょう。


それに、彼らと「同類」にはなりたくない。


私の『倍返し』は、楽しく生きる、ということなのだろうと思います。


昔に買った文庫本を、久しぶりに引っ張りだしてみました。



「69 sixty nine」村上龍 著


作者自身の高校生の時(1969年)のことを描いた自伝的小説。


主人公の高校生は、とにかく「楽しく生きる」ことに全力を注いでいて、時に痛快で、笑ってしまう場面も多々あります。


でも、ただ楽しく生きることだけでなく、「あとがき」にも書かれているのですが、楽しく生きていない人達への嫌悪と侮蔑も込められています。


―――楽しんで生きないのは、罪なことだ。

―――彼らをただ殴っても結局こちらが損をすることになる。

―――唯一の復しゅうの方法は、彼らよりも楽しく生きることだと思う。


楽しんで生きること。それこそが『倍返し』であり、家族にとっても良いことなのでしょうね。


私はまだまだ「楽しんで生きること」が出来ていないなぁ、と思います。


この本は、しばらく手元に置いておこうと思います。

69 sixty nine (集英社文庫)






最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※ランキング参加中です。「ポチッ」とよろしくお願いいたします

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ
にほんブログ村
12 : 22 : 10 | 【専業主夫】おすすめ | トラックバック(0) | コメント(12) | page top
<<叱りながら顧みる | ホーム | 子供の世界>>
コメント
----

こんにちわ。
村上龍さんの「69」。僕も前に読みました。高校卒業して間もないころで、「高校生の時に読んでいたらよかった」と後悔したことを覚えています。とてもいい小説ですよね。
by: はっとにいさん * 2014/01/27 12:37 * URL [ 編集 ] | page top
--はっとにいさん様--

おぉ、読まれたのですか^^
そう、高校生とか、若い子にも読んでもらいたいと思った本です。
楽しく読めて、タシになることもありますし、いい小説ですね。

ありがとうございました。
by: YUKI * 2014/01/27 13:24 * URL [ 編集 ] | page top
----

69懐かしい!
私も村上龍大好きで昔はよく読んでました。
この間久々に読み返したくなって、コインロッカーベイビーズと限りなく透明に近いブルーをネットで購入しました。でも、まだなかなか読めてないんですけどね(^^;)
69は映画も観たような気がします。
昔読んだ感覚と、今の感覚ではまた色々違って見える気がするので楽しみです。
by: るる * 2014/01/27 14:38 * URL [ 編集 ] | page top
--るる様--

『コインロッカーベイビーズ』『限りなく透明に近いブルー』も良いですね。
私も昔読みましたよ。
『69』は、映画化もされていますね^^

今読んでも、ハッとさせられるところがあったりします。

ありがとうございました。
by: YUKI * 2014/01/27 14:51 * URL [ 編集 ] | page top
--YUKIさん こんばんは!--

全力で楽しんで生きるってすごくいいですね!
なんか好きな感じのテーマです^^

小説読んだことないですが、すごく気になりました♪
映画の方も見てみたいな~^^



by: ひでちゃん * 2014/01/27 20:37 * URL [ 編集 ] | page top
----

楽しんで生きることが倍返し、って素敵な発想ですね(*^-^*)
私はドラマが流行っていたころ、倍返しなんて言葉が流行るのは嫌だなぁ。と思ってました。復讐は何もうまないし、流行語になれば意味もよくわからない子どもたちが使ってしまうから。
本当に、人生楽しまなきゃですね~!
by: たま * 2014/01/27 22:02 * URL [ 編集 ] | page top
--ひでちゃん様--

『全力で楽しんで生きる』これが出来たら良いなぁ、とほんと思います。
実際には、辛いことも多いですし、いつもいつも楽しんで生きることは出来ないかも知れませんが、そういう気持ちを持ち続けることが大事なのでしょうね。

心掛けていきたいと思います。

ありがとうございました。
by: YUKI * 2014/01/27 23:10 * URL [ 編集 ] | page top
--たま様--

『倍返し』という言葉が面白おかしく使われる風潮は、あまり良いとは思えませんね。
息子ふくめ、子供たちの間では一時期はやっていたみたいですが。

楽しんで生きる、ということは難しいのだろうと思います。
でも、そう心掛けることが大事なのでしょうね。

ありがとうございました。
by: YUKI * 2014/01/27 23:16 * URL [ 編集 ] | page top
----

「69」私も読んだことがあります。
昔すぎて、ほとんど忘れちゃってたけど、そんな言葉が書かれてたんですね。

彼らより楽しく生きることが復讐、、、よい復讐方法ですね~(*^_^*)
ステキな言葉ですね!
by: sachi * 2014/01/28 03:58 * URL [ 編集 ] | page top
----

この「やられたらやり返す」なんて
ドラマだから上手くいくことであって
実際はそう思い通りに事が運ばないのが現実ですよね。
それに「やり返す」つまり『復讐』からは
なにも生まれませんしね。

この3つの言葉、
特に『唯一の復しゅうの方法は、彼らよりも楽しく生きることだと思う』は
重圧ののしかかるストレス社会を生きていくには
とても意味のある言葉だと感じました。
by: ウインオータム * 2014/01/28 09:09 * URL [ 編集 ] | page top
--sachi様--

『69』読まれていたのですね~
基本的に面白い小説ですが、ところどころにグッとくる言葉があるんですよね。

楽しく生きることは難しいですが、それを心掛けていきたいと思います。

ありがとうございました。
by: YUKI * 2014/01/28 21:42 * URL [ 編集 ] | page top
--ウインオータム様--

仰るとおり、ドラマと同じようにしたら大変なことになるでしょうし、現実にはうまく行かないことが多いでしょうね。

楽しく生きること、それは人によって捉え方は様々なのでしょう。
他人を気にせず、自分が気持ちよく生きられたなら、それでいいのかなと思います。

ありがとうございました。
by: YUKI * 2014/01/28 21:48 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://irreplaceabledays21.blog.fc2.com/tb.php/285-d22f2d76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。