スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
サンタクロースのこと
2013 / 12 / 05 ( Thu )
学校の宿題で、「楽しみなこと」というテーマで作文を書く、というものがあり、息子はせっせと書いていました。


書き終わった息子から「読んでみて~」と言われ、目を通しました。


内容としては、クリスマスのことでした。それはそれで良かった。


ただ引っ掛かった箇所があり、それは「サンタクロースはお父さんとお母さんだった」という内容の一文でした。


……ひょんなことから、先日、息子がサンタクロースの正体を知ってしまったのです。


親としては一抹の淋しさはありますが、でもいつかは知ることですし、仕方ないですね。


私が引っ掛かったというのは、息子の作文によって、他の子、とりわけサンタクロースを信じている子が、その正体を知ってしまうことを危惧したのです。


サンタクロースを信じている子の親御さんの中には、もしかしたら、できるだけ長い間サンタクロースを信じていて欲しい、と願って苦心している方もいるのかも知れない。


息子の作文によって、それを途切れさせてしまうようなことがあれば、心苦しいですし。


……私は息子に、サンタクロースのことを書いている箇所を書き直すよう伝えました。


当然ながら「どうして?」と聞かれたので、前述のことを正直に話しました。


息子は、納得できない様子でした。無理もありません。


でも最後には、私に言われたとおり、書き直してくれました。


私自身、これで良かったのだろうか、と思うところはあります。


ただ、私もそうだったように、親ならだれでも、子供には夢を見続けて欲しい、サンタクロースのことを、出来るだけ長く信じていて欲しい、そういう願いがあるだろうと思います。


……何とも、複雑な心境です。



最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※ランキング参加中です。「ポチッ」とよろしくお願いいたします

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ
にほんブログ村
13 : 34 : 33 | 【イクメン】思うこと | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
<<石焼いも☆ | ホーム | 常備菜>>
コメント
----

これはなんとも悩ましい問題ですね。

サンタクロースの存在は遅かれ早かれ知れてしまうことであり、
またそれは子どもの成長の証でもありますが、
他の子のことを考えると、
我が子の作文から知れてしまうことも避けたいことでもあります、
しかし我が子の作文を手直しさせるのも
親として苦渋の決断だったと思います。
でも他の子どもたちの大切な夢を守ったことは、
その子どもたちには気づかれないけれど、
ちょっとしたクリスマスプレゼントになったことでしょう。
(^_^)v ☆~
by: ウインオータム * 2013/12/06 09:33 * URL [ 編集 ] | page top
--ウインオータム様--

サンタクロースのこと、息子が知ってしまうのは仕方ないにしても、やはり他の子のことを考えると、辛いですがあれで良かったのかな、という思いはあります。

まぁ、たいていの子はもう分かっているのだろうとは思いますけどね。

ありがとうございました。
by: YUKI * 2013/12/06 12:35 * URL [ 編集 ] | page top
----

YUKIさんへ。

我が家の娘はいまだサンタのことを信じているのか、それとも、いて欲しいと思っているのか…。
はっきりサンタはいない!とはまだ言いませんね。f^_^;
あえて親からも「ホントはいないよ」とも言いませんし。
作文は…仮に息子さんがそのまま皆の前で発表したらどうだったのかな?と思いました。
皆から「サンタはいるよ〜」って言われたかもしれませんね…。
ん〜、この問題は悩ましです〜☆
by: santapapa * 2013/12/06 18:29 * URL [ 編集 ] | page top
--santapapa様--

親からは言わないほうがいいのでしょうね。
できるだけ長く信じていてほしい、と思うのが親の本音ですよね。

確かに悩ましいところですね。
ともかく楽しくクリスマスを過ごしたいです。

ありがとうございました。

by: YUKI * 2013/12/07 12:30 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://irreplaceabledays21.blog.fc2.com/tb.php/262-cb6c70af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。