スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
専業主夫、アルバイト面接に挑む(カフェ編)
2012 / 11 / 08 ( Thu )
条件も決まり、いよいよアルバイト探しを始めました。探す方法は色々ありますが、まずはネットで、アルバイト情報検索サイトを見て、条件を入力していきました。

そして「職種」の項目のところで手が止まりました。
「やってみたい」と思える職種……。
手が再びはじめ、「飲食業」から「カフェ」を選択しました。

カフェはふだんからよく行きますし、それこそ私にとって「気持ちよく過ごせる場所」です。もちろん、客と店員とでは立場が全く違うことは承知していますが、迷いはありませんでした。
そして、条件に合う情報(カフェ)が見つかりました。そこは私も実際に利用したことがあるカフェで、「ここで働いてみたい」と素直に思えるところでした。

私はそのカフェに電話をし、アルバイト希望の旨を伝えました。
そして指定された日時に、面接に挑みました。

以下、まずは店長と私とのやりとりを、思い出せる限り書いていきます。



店長「なぜこの店で働きたいと思ったの?」
 私「何度か利用させて頂いておりまして、とても居心地が良く、ぜひこちらで働かせて頂きたいと
   思いまして」
店長「カフェで働いたことはあるの?」
 私「ありません」
店長「履歴書に「退職」とあるけど、どんな理由で辞めたの?」
 私「小学生の息子がおりまして、私も妻もフルタイムで働いていたのですが、妻の仕事が忙しく
   帰りが遅くなることが多くなりまして、止む無く私が退職することにしました」
店長「平日の9時から14時までの間で3~4時間の勤務を希望、って書いてあるけど」
 私「はい」
店長「9時から16時の間で3~4時間勤務、というのは可能?」
 私「……毎回は難しいですが、日によっては可能です」
店長「何か聞きたいことはある?」
 私「息子が急な発熱などの場合に、お休みさせて頂くことはできますでしょうか?」
店長「……一時的にお子さん預けられる所はないの?」
 私「……ありません」
店長「前日までに連絡くれれば、対応はできるんだけどね。まぁでも」
 私「はい」
店長「みんな(他のアルバイトは)、そうやって(急な場合でもやりくりして)頑張っているんだから」



店長の最後の言葉が、突き刺さりました。甘いんだよ、という心の声を、何となく言葉の裏側に感じました。

店長は女性でした。たぶん私と同世代だと思います。自分にも小学生の息子がいる、と言っていました。
ちょっとキツい感じの人で、質問もまさに矢継早でした。
私もあるていど質問されるだろうことを想定した上で面接に臨みましたが、想定外のこともいくつかあり、答えに窮する場面もありました。
それでも、笑顔とはいかないまでも柔らかな表情を崩さないよう心掛けました。
履歴書も、写真屋で撮ってもらった多少修正した(汗)写真を貼り、時間をかけて書きました。

それでも面接が終わったとき、「たぶん不採用だろうな」と思いました。

店長は、採用の場合は連絡する、と言っていましたが、案の定、連絡はありませんでした。


そんな訳で、「カフェのアルバイト面接」は良い結果は得られませんでした。

次回は、違う職種の面接のことを書こうと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


※よろしければ、ポチッとお願いします。
   ↓
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ
にほんブログ村
10 : 27 : 12 | 【専業主夫】悩み・不安 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
<<専業主夫、アルバイト面接に挑む(スーパー編) | ホーム | 専業主夫、アルバイト面接に挑む(事前対策編)>>
コメント
--うーん--



キツい方に当たりましたね(^-^;

「こっちだってヒマじゃないんだから」って気持ちが見えるような方が面接されると
「願い下げだ!!」って思っちゃいますね。

こんなとこ不採用で良かったんですよ!(プンスカ)

“バイトもお客様に繋がる”意識を持てないような人が上司では
気持ちよく働ける環境にはなり得ないと思いますもの。

せっかくお気に入りのカフェでいらしたのに
いろんな意味で
残念でしたね(´・ω・`)


by: うさちゃも * 2012/11/08 20:54 * URL [ 編集 ] | page top
--ありがとうございます--

面接なんて本当に久しぶりの経験でしたが、いい結果が得られず残念でした。

まぁ、色んな上司がいることは私も長い職場経験の中で分かっていましたし、今回のことも仕方ないな、と思いました。
ただ、気持ちを切り替えてポジティブに、とは中々なれなかったです。

面接に行ったカフェには、もう行っていません。残念ですけどね。

うさちゃもさん、いつもコメントいただきありがとうございます。
by: YUKI * 2012/11/11 13:53 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://irreplaceabledays21.blog.fc2.com/tb.php/26-994683dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。