スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
息子の嘘と涙
2013 / 10 / 23 ( Wed )
昨夜、夕飯が済んでから、息子に「歯、磨きなよ」と声を掛けました。


息子は「うん」と答えたきり、ゴロゴロしていました。


私はと言えば、食器の片付けやら何やらでバタバタ、特に息子に注意を払わずにいました。

妻は、まだ帰宅していませんでした。


私のほうが一段落し、息子に「歯磨きした?」と声を掛けました。


「したよ」と息子は答えましたが、どうも歯磨きした様子がなかったので、再度「本当?」と聞くと、「信じてくれないの?」と反論してきたため、「分かった、ごめんな」と謝りました。


しかし、ふと息子の歯ブラシをみてみたところ、歯磨きした形跡はありませんでした。手に取ってみると、歯ブラシは完全に乾いています。


私は息子を呼び、歯ブラシが乾いていることを話すと、黙って下を向いてしまいました。


「まだ歯磨きしていないんじゃない?」と聞くと、ポロポロ涙を流しながら頷いたのです。


そして息子は、泣きながら歯磨きをしました。


「お父さんごめんね」と涙声で言いながら。


「歯磨きをしていなかったことよりも、嘘をついたことが良くなかったな」

「嘘をつくと、心の中にモヤモヤしたものが残っちゃうだろう。それをそのままにしておくと、いざという時に自信が持てなくなっちゃうんだ」

「だから、嘘をつくぐらいなら、正直に本当のことを言ったほうがいいんだ」


そんな話を、息子にしました。落ち着きを取り戻した息子は、素直に頷いていました。



『信じてくれないの?』

という、息子の言葉が頭を離れません。

嘘を、嘘で塗り固めようとすることが、癖になってしまっては良くないですね。


息子を「信じてあげたい」と思う一方で、今回のようなことは毅然と正していかないといけないという相反する思いもあって、何とも複雑な気持ちです。


今回のことは、ある意味、息子の成長の過程と言えるのかも知れません。


そんな息子と、これからも向き合っていきたいと思います。




最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※ランキング参加中です。「ポチッ」とよろしくお願いいたします

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ
にほんブログ村
12 : 35 : 17 | 【イクメン】思うこと | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
<<塵は積もるもの | ホーム | 靴下からミニ雑巾>>
コメント
----

ウチも歯磨きで似たようなことがありますし、
兄弟喧嘩でこのような『嘘』の問題がおこったことがあります。
もちろん「やらなかった」ことより「嘘をついたことが」ダメだと言わざるをえません。
そして親として信じてあげなければいけない事と、
疑ってしまう自分がいることは、苦しい葛藤ですが、
子どもは悪気はなくとも嘘をつくようになるものだと思います、
子どもを信じてあげることはもちろん基本としても、
綺麗事だけではやっていけないのも事実だと思います。
嘘を見ぬける力も必要だと思っています。
by: ウインオータム * 2013/10/23 18:09 * URL [ 編集 ] | page top
----

YUKIさん、こんにちは。

ありました、同じようなこと。
明らかに歯ブラシが乾いているのに、「磨いたよ!」って半ば怒り気味に。
眠くて面倒になってしまったらしいのですが…。

>嘘を、嘘で塗り固めようとすることが、癖になってしまっては良くないですね。
これには同感です。いずれボロが出てきます。
そうなる前に正すのは大事なことですね。
でも信じたい…。
常に疑う目で見ていたくありませんし。
ん〜難しいですね。
☆〜
by: santapapa * 2013/10/23 21:22 * URL [ 編集 ] | page top
--ウインオータム様--

ウインオータムさんのお家でも似たようなことがあったのですね。

「やらなかったこと」は、ついうっかり、ということもあります。
でも「嘘をついたこと」は、ついうっかり、ではありませんよね。

やはりここは毅然と正していかないといけないのだろうと思います。

子供を疑う、ということは辛く、苦しいことです。
でも確かに、綺麗ごとばかり言ってられないですね。

ありがとうございました。
by: YUKI * 2013/10/23 22:01 * URL [ 編集 ] | page top
--santapapa様--

santapapaさんのお家でも同じようなことがあったのですね。

ウチの息子も、たぶん嘘がばれてしまうことを怖れて、更に嘘をついたんだろうと思います。

いずれボロが出る、というのは同感です。
そんなことが起こる前に、正すべきですね。

難しく、苦しいことでもありますが、しっかり向き合わなければいけない問題ですね。

ありがとうございました。
by: YUKI * 2013/10/23 22:07 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://irreplaceabledays21.blog.fc2.com/tb.php/244-6eb96997
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。