スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
詩・零れ落ちるもの
2012 / 07 / 26 ( Thu )
きみの瞳から零れ落ちるもの

僕はどうすることもできず立ち竦む



笑顔に満ちた家族になりたいと誓ったあの日

なのに今日も自分でそれを壊している



分かっているくせに

何もかも分かっているくせに

己の心の中に居る弁護士はいつでも擁護してくれて

それを拒む勇気も持てず

また今日も同じ過ちを繰り返している



心の奥底からきこえる

己への苛立ちの声

悔恨の叫び



きみの瞳から零れ落ちるもの

それは目に見える泪だけではない

きみの心から零れ落ちる大切なもの

目には見えない

けれど一番大切なかけがえのないもの



どうしようもない感情を

術もなくただ突き上げた拳に宿し

立ち尽くしているおまえよ



おまえがやるべきは

弁護士の解雇と

その拳を己にぶつけること



本当に大切な

かけがえのないものが零れ落ちてしまう前に



※よろしければポチッとお願いします
   ↓
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ
にほんブログ村
09 : 36 : 13 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<お弁当奮闘記 | ホーム | え? もう夏休みの宿題終わったの?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://irreplaceabledays21.blog.fc2.com/tb.php/18-47e232f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。